https://microncro.com/archives/post/indicate20240613/

株式会社マイクロンの「INDICATE 診断と治療の懸け橋支援」に、新たにLegit.Health社(本社:スペイン)の1製品が加わり同社から合計2製品が登録されましたのでお知らせします。本登録により、スマートフォンで撮影された写真による円形脱毛症のAI診断支援ソフトウェアを用いた臨床研究・試験の機会拡大を通じ医療の発展に寄与することが期待されます。

 

「INDICATE 診断と治療の懸け橋支援」新規製品追加のお知らせ
~円形脱毛症のAI駆動型画像評価ツール (Automatic SALT calculator from image)~

 

ご興味をお持ちの方は、下記よりお問い合わせください。

 

本件に関するご質問やお問い合わせ先
株式会社マイクロン INDICATE担当
E-mail:indicate@micron-kobe.com

 

関連ページ

INDICATE-医療機器業界との懸け橋支援

https://microncro.com/archives/post/indicate20240607/

株式会社マイクロンの「INDICATE 診断と治療の懸け橋支援」に、新たにAcer Medical Inc.(本社:台湾)の2製品が加わり同社から合計3製品が登録されましたのでお知らせします。本登録により、胸部X線画像による骨塩密度異常、眼底写真による加齢黄斑変性症(AMD)及び糖尿病性網膜症(DR)のAI診断支援ソフトウェアを用いた臨床研究・試験の機会拡大を通じ医療の発展に寄与することが期待されます。

 

「INDICATE 診断と治療の懸け橋支援」新規製品追加のお知らせ
~骨塩密度異常及び眼科疾患に関するAI診断支援ソフトウェアを有するAcer Medical Inc.~

 

本件に関するご質問やお問い合わせ先
株式会社マイクロン INDICATE担当
E-mail:indicate@micron-kobe.com

 

関連ページ

INDICATE-医療機器業界との懸け橋支援

https://microncro.com/archives/post/2024aam/

株式会社マイクロンはパートナーであるRosemary Shull氏Mr. Felix Rehnberg氏とともにアメリカ・シカゴで行われる 2024 Annual ASCO Meetingに参加いたします。
画像の中央判定が必要な試験を計画される方は、是非お声掛けください。

https://conferences.asco.org/am/attend
2024年5月31日~6月4日

 

お問合せ
rshull@thebrackengroup.com
rehnberg@micron-kobe.com

https://microncro.com/archives/post/neuro2024/

第65回日本神経学会学術大会に出展します。

株式会社マイクロンは「イメージングを総合的に研究し進化させる企業」をテーマにイメージング技術を活用し、臨床試験を効率的に支援することを目的に活動してまいりました。今回は、以下のサービスについて展示しております。是非ブースにお越し下さい。
会期:2024年5月29日(水)~6月1日(土)
会場:東京国際フォーラム (JR有楽町駅より徒歩1分)
ブース番号:K-18
第65回日本神経学会学術大会ウェブサイト:https://www.neurology-jp.org/neuro2024/

【脳画像解析プログラム 】
先生方の日常診断にお役立ちいただけるような、MR画像やCT画像で使える脳画像解析プログラムをご紹介します。

【医療機器業界との架け橋支援 INDICATE】
人工知能(AI)搭載SaMDなど、先進的な技術を持った画像解析技術の導入、紹介、提案を実施しています。プログラム医療機器(SaMD)を導入したいという企業様と興味をお持ちの企業様の懸け橋になります。

【画像診断プログラム(SaMD)承認取得のサポート】
日本でプログラム医療機器(AI医用画像診断補助ソフト)を上市するには何が必要なのか?マイクロンのソリューションをご紹介します。画像試験デザイン・オペレーション~PMDA相談・申請までのソリューションをご提案します。

【臨床試験におけるDICOM画像回収時の マスキング不備ソリューション】
医用画像・動画を使用した臨床試験で最も多いクエリの一つ、被験者情報削除漏れについて、ソリューションをご提案します。

【マイクロンサービス総合案内】
株式会社マイクロンがご提供しておりますサービスをご紹介します。

 

製品に関するご質問やお問い合わせ
株式会社マイクロン 製品販売G(担当:岡本)
E-mail:seihin_service@micron-kobe.com

その他CROサービスに関するご質問やお問い合わせ
株式会社マイクロン 営業推進部(担当:大平)
E-mail:info@micron-kobe.com

https://microncro.com/archives/post/contract_20240501/

このたび、当社は2024年5月1日付で取締役の異動を行いました。
本件による契約書等の読み替えにつきましては以下の内容とさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

取締役異動及び契約書等の読み替えについて

https://microncro.com/archives/post/officer_transfer_20240501/

当社は2024年5月1日付で役員が異動することとなりましたのでお知らせいたします

役員の異動に関するお知らせ

https://microncro.com/archives/post/mvp25/

陽電子放出断層撮像法(Positron Emission Tomography: PET )は、様々な疾患の臨床診断に利用されるイメージングモダリティであると同時に、臨床試験においては新規PET薬剤の臨床開発、医薬品の治療効果判定、PK/PD 試験のイメージングバイオマーカーとしても利用されています。今号では、PETに関する臨床試験の全体像について概説させていただきます。一読いただけますと幸いです。

 

Micron’s ViewPoint 第25号発刊のお知らせ(PETを用いた臨床試験の概要)

 

本件に関するご質問やお問い合わせ先
株式会社マイクロン
E-mail:imagingbiomarker@micron-kobe.com
https://microncro.com/archives/post/mvp24/

画像を用いた臨床試験(Imaging study)は、Imaging Endpointを得るまでの各段階において様々なリスクを有しています。特に画像の取得および画像読影において、Imaging studyは通常診療と異なる手法で実施することもあり、リスクに基づいたプロセス管理がより一層求められています。今号では、Imaging studyにおけるリスクの指標としてImaging Risk Indexをご紹介させていただきます。一読いただけますと幸いです。

 

Micron’s ViewPoint 第24号発刊のお知らせ(画像を用いた臨床試験におけるImaging Risk Index)

 

本件に関するご質問やお問い合わせ先
株式会社マイクロン
E-mail:imagingbiomarker@micron-kobe.com
https://microncro.com/archives/post/officer_transfer_20240401/

当社は2024年4月1日付で役員が異動することとなりましたのでお知らせいたします

 

役員の異動に関するお知らせ

https://microncro.com/archives/post/indicate_resonance/

株式会社マイクロンの「INDICATE 診断と治療の懸け橋支援」に、新たにResonance Health Analysis Services Pty Ltd.(本社:オーストラリア)が参加しましたので、お知らせします。この度の参加により、MRI画像を用いた代謝障害・肝臓関連疾患・鉄過剰症の臨床研究・試験の機会拡大を通じ医療の発展に寄与することが期待されます。

ご興味をお持ちの方は、下記よりお問い合わせください。

 

「INDICATE 診断と治療の懸け橋支援」新規参加企業のお知らせ ~肝臓・心臓の鉄および脂肪肝のMRI画像自動定量評価ツール~

 

本件に関するご質問やお問い合わせ先
株式会社マイクロン INDICATE担当
E-mail:indicate@micron-kobe.com